車買取時の名義変更手続き

車を売る~安全に高く車売る初心者ガイド~ > > 車買取時の名義変更手続き

車買取時の名義変更手続き

車を買取して貰う時には、名義変更手続きをしなくてはいけません。
その為に、多くの書類が必要となってきますので、事前に確認をしてきちんと用意しておくとスムーズに契約が進んでいきます。
必要な書類に不備がある場合は、契約することが出来ませんので早めに用意するようにして下さい。
基本的に車の売買契約に関して、普通自動車と軽自動車では多少必要になるものが異なってきますが、多くは重複しています。
必要書類として先ずは自動車検査証があります。
自動車検査証とは、車検証のことで自動車検査に通った車に交付される証書のことになり、公道を走る時には必ず携帯しておかなければならない書類です。
ただし、車検が切れてしまっているケースや、廃車手続きによる一寺抹消登録をしているケースではない限り、必ず必要となりますので盗難や紛失などで車検証が見つからない時には、陸運局で再交付をして貰わないといけません。
次に、自賠責保険証書があります。
自賠責保険証書もまた、公道を走る時には必ず加入をしないといけないものです。
強制保険による自動車保険で、この自賠責保険の加入証明書のことになります。車の価値を上げる情報館ex.xyzについて
車検時には、自賠責保険にも加入するものですから、車検が残っている車を売却する時には必ず必要になります。
加入しているのに、自賠責保険納入証明書がないと言った時には、加入している保険会社に連絡をして再交付をして貰う必要があります。
自動車税納税証明書も必要な書類となります。
自動車税に関しては、毎年5月中旬以降に納付書が送付されてきますので、納付した証明書は必ず補完しておきましょう。
軽自動車の場合は軽自動車納税証明書となります。
普通自動車の場合、自動車税は還付対象となりますので、しっかりと確認しておきましょう。
他には、印鑑や印鑑証明書、などが必要になります。
車検証に記載されている所有者の住所、印鑑登録証明書に記載されている住所の2つが異なっている場合には、本人か確認する為に住民票が必要となります。
名義変更で必要な手続きとなりますと、所有権解除書類があります。
車を購入した時に、カーローンなどを利用して購入すると、車検証の所有者がディーラーや販売店、ローン会社、などの名義になっていることがありますので、所有権解除勝利が必要になります。

関連記事

  1. 車買取時の名義変更手続き
  2. お金を払って廃車する前に
  3. ホンダのバイク買取
  4. 生活保護受給者の車所有と車買取
  5. 通信制高校の資料請求