生活保護受給者の車所有と車買取

車を売る~安全に高く車売る初心者ガイド~ > > 生活保護受給者の車所有と車買取

生活保護受給者の車所有と車買取

生活保護を受給する時に、車を所有していてはいけないのでしょうか?
基本的に、生活保護の内容を定めている保護方法には車の運転を禁止する項目はないそうです。
つまり、各自治体の生活保護係の方が、このポイントをどのように解釈するのかによって異なってくると言えるでしょう。
生活保護の受給に関しては、憲法で定められている日本国民の権利であり、最低限の生活を保障するといったものになります。
通常であれば、公共の交通機関を利用することが当たり前だと言えるのですが、身体に障害がある、病気でうまく身体を動かすことが出来ないなどの理由もあり、全ての人が公共交通機関を利用出来る訳ではありません。
その為、各自治体の福祉課などでは、タクシーの利用を認めているケースもあります。
また、地域によっては、車がなければ生活することが出来ないこともあり、公共交通機関と言っても数時間に1本のバスしかないと言ったような地域もあります。
ただし、車を所有する余裕があるのであれば、それなりの収入があると見なされることも少なくありません。
ニュースなどでは、生活保護者の方が車に乗っていることを理由に受給を取り消されたと言ったこともあります。
このことを考えますと、どんな理由があっても生活保護の受給を検討している時、受給を受けている時、には車を所有していない方が良いかもしれません。
勿論、各自治体によってその判断が異なりますので、しっかりと相談しておくと良いでしょう。
仮に、車を所有していては生活保護を受給出来ないと言うのであれば、車の売却を検討しなければなりません。
車の売却をするのであれば、無料で複数の中古車買取店へと一括で見積もりを依頼してくれる中古車一括査定サービスを利用すると良いでしょう。
少しでも高く自分の車を買い取って貰うのであれば、中古車買取店を競合させることによって、買取額アップを目指すようにしたいですね。廃車と車とは?
中古車一括査定サービスは、インターネットを通して行われるもので、複数のサービスサイトがありますので、多くのサイトを使って少しでも買取額をつり上げておくと良いでしょう。

関連記事

  1. 車買取時の名義変更手続き
  2. お金を払って廃車する前に
  3. ホンダのバイク買取
  4. 生活保護受給者の車所有と車買取
  5. 通信制高校の資料請求